走り終わった後、後援のほうに行くと、まあ、なんと気持ちのよい広場が。
広場の一角には、身にアヤメをかたどったものでしょうか。
大きなオブジェが。