fumie.tea-nifty.com > 新潟水曜なじらね旅

Dou001

Dou001

新潟は、第2(ぐらいの)の故郷とも呼んでいる(勝手に)場所です。
今回、水曜どうでしょうの制作テレビ局HTBが北海道物産展に出展するとのことで、
10年ぶりにかねてから訪れたかったこの地にやってきた。


Dou002

Dou002

朝東京を出発、新潟三越についたのは11時30分を過ぎていた。
で、7階を頭に最後尾は4階でした。


Dou003

Dou003

ONちゃんです。
着ぐるみが来てました。
いつものやつに比べて、帽子が違います。
中の人も当然違います。が、隣を通ったとき「シューシュー」言ってるのが聞こえて、
嬉しくなりました。
階段下りるときは2人介助がいないと危険なようです。


Dou004

Dou004

人気者ONちゃん。


Dou005

Dou005

Bgbeeの御大浜田先生の名筆が、並んで待っている人に語りかけておりました。


Dou006

Dou006

入場制限して人を入れている会場で一番目立ってたのは、このポスター。
新製品の「どうでしょうジャージ」の宣伝用に貼られておりました藤村嬉野両先生直筆メッセージ入り。
実際あまり売れてなかったみたいですが、私は黒購入。
試着があったのがいい。


Dou007

Dou007

POPです。
どうでしょう出演者4人のショット。
等身大位でした。


Dou008

Dou008

どうしょう本の時のスタイリスト大切りのときの衣装のミスター。
おやびん小松さんの傑作のPOP。


Dou009

Dou009

大泉さんの校長。


Dou010

Dou010

安田さん×ー>ONちゃんの黄タイツバージョンのPOP。
えーーー、あまり一部を凝視してはいけません、恥ずかしいわ。


Dou011

Dou011

元水曜どうでしょうのプロデューサー・どらバラ出演者の土井さんが会場にいらっしゃってました。
DVDのコーナーにて、「マッスルボディは傷つかない」をこれは絶対買いだからと、力説なさっていました。


Dou012

Dou012

水曜どうしょうでおなじみの文字をお書きになっている浜田次朗さんとツーショット。
朗らかフォントという毛筆の書体をPCで使えるCD-ROMを買いますと、浜田先生に一筆いただけるとのことで、購入。
浜「どこから着たんです?」ワタシ「はい、東京から新幹線で来ました」浜「バカじゃないのーー」との会話など楽しみつつ、2枚も書いていただきました。2枚目は、遠くからい行ったので、大サービスしてくださったんだと思います。
浜田先生に「どうでしょうバカ」のお墨付きを頂けたのもラッキーーー。


Niigata001

Niigata001

新潟はお米の刈り入れも終わりつつあり、広ーーい田んぼが、なくなり一面地肌丸出しになっていました。
でも、ひたすらひろーーーい。


Niigata002

Niigata002

朱鷺メッセ展望台より新潟湾を望む。
以前、3週間住んだ時はなかった高層建築物が、この朱鷺メッセと入船みなとタワー&新潟みなとトンネル。
今回、新潟駅前でレンタサイクルを借りてどちらも制覇しました。

展望台では美味しいソフトクリームも食べられて満足。


Niigata003

Niigata003

新潟の新しい名所スポット「マンガストリート」
水島慎二さんの出身地なのでしょう。
ドカべんのキャラクターの銅像たちです。
いっとう駅よりはこの方「水原勇気」ドリームボーーール♪
後ろが、アニメ、漫画の専門学校ってのも笑えます。


Niigata004

Niigata004

水原勇気好きなのでもう一枚。


Niigata005

Niigata005

里中智
さっとなっかくーーん、です。


Niigata006

Niigata006

ドカべん、山田太郎君です。
顔は似てませんでした。
おっきな背中が似てるのでそっちからのアングルで。


Niigata007

Niigata007

ラストは岩木くん。
どうもほかのブログの写真を見ると、口に加えているはずの葉っぱはあったようですが、
私が行った時にはもうありませんでした。
チョト残念。


Niigata008

Niigata008

新潟、白山神社。鳥居。


Niigata009

Niigata009

白山神社、参殿がある方の入り口。


Niigata010

Niigata010

新潟名物とかいてあったので購入。
黒糖味でもっちりとした、饅頭の皮と、ベビーカステラの中間くらいの味の、不思議な食べ物でした。
美味しかったけど、一人で食べるのには量があったので、鳩やカラスにおすそ分けしました。
昼ご飯はこれだけ。


Niigata011

Niigata011

神社の池には人の背丈ほどもある立派な蓮が大量に浮かんでいた(というか生えて立ってた)
壮観。


Niigata012

Niigata012

古町通りはこんな幹事で、建物はなつかしの日本家屋。
1階が、小じゃれたファッションブティックや骨董屋さん等になってるような素敵な建物の点在する感じのいい町。
でも所々に空き地や、貸し店舗があって、やっぱり地方は大変なんだなーとかんじる一面も。


Niigata013

Niigata013

和菓子屋。
赤が良かったので。


Niigata014

Niigata014

このお店には、鮭饅頭というものがありました。
せっかくなのに賞味期限切れにしてしまい、味わえませんでした。


Niigata015

Niigata015

良寛像。
こんなところで良寛様にお会い出来るとは!!
良寛様は柏崎出身の70というのに若後家の尼さんにに惚れられる、ダンディーでストイックな素敵な高僧さんです。(ほんとのことは、各自でちゃんと調べてください)
良寛ファンの私としては、ここでお会いできたのは何かの運命なのだろうと感じました。


Niigata016

Niigata016

赤ローソン。
ものめずらしい色合いでした。


Niigata017

Niigata017

街中のいっとう賑わってるあたりに立つ像。
なんか、夢見そうなんだよね。


Sekiya001

Sekiya001

昼について、新潟駅のそばのレンタルサイクルを借りて、
一日走り回りました。
目的地はここ。
関屋自動車教習所。
10年前より、アピール度の高い看板になってます。
ぴかぴかです。
早く着きたかったのに、道間違えて真反対に行ってしまい、着いた時には日が暮れかけておりました。


Sekiya002

Sekiya002

1925年設立のようです。
そう思うと10年前なんて、ごく最近ってことでしょう。
こんなぷりちーなロゴはなかった気がします。


Sekiya003

Sekiya003

教習者が出入りする門から教習所内を。
この教習コースで思わず対向車線を逆走して、先生を慌てさせました。
こんな私にも免許をくれた教習所、それでよかったのかーーー?


Sekiya004

Sekiya004

ここの教習コースは2階建て。
2階は2輪のコース、1階がすべてBMWの教習者が走るコース。
夏近くなって、エアコンつけたっけ、煙はいて、BMWもたいしたことないジャンって
思ったっけ、買えないけどさ。


Sekiya005

Sekiya005

校舎。
学科を受けて、トイレに行くと女性教官が来て、仲良くおしゃべり。
新潟弁を教わったけど、もう忘れちゃったナァ。


Sekiya006

Sekiya006

教習生の待合室。
右のほうの小屋が、懐かしの試験待ちの控え所。
コース外の路上教習へ出る試験をしました。
すごいドッキンドッキンもので、クランクでバンパーを思い切りポールにぶっつけて、1回目の試験は落ちました。


Sekiya007

Sekiya007

こうやって見ると、きれい。
教習所の明かり。


Sekiya008

Sekiya008

新潟の道は、朝晩で中央線が変わる、特殊な道でした。
最近では、都内でもよく目にしますが、うっかり逆送しそうで未だに怖いです。


Sekiya009

Sekiya009

学校って名前がノスタルジー。
写真家、警備員、舞台の演出家、そして、アニメーター。
いろんな職種、世代の人が免許を取りにきていて、面白かった。


Sekiya010

Sekiya010

記憶を頼りに、付近をぐるぐる走って、やっと見つけた寮。
あまり変わってませんでした。
写真撮っていたら、怪しそうに管理人さんが出てきたので、お話しました。
私がいた頃は、男女は階違いでみな一緒でした。
今はこの建物は男性のみの寮になってるそうです。
人が多くなってるのかな?
管理人さんは私がいた頃の人ではありませんでした。残念。


Sekiya011

Sekiya011

3週間、住んだ新潟は楽しかった。
人生の転機でもありました。
また10年後にどうなってるか訪ねてみたい場所です。


Z001

Z001

新潟のホテルから、ご飯を食べに駅前のほうに。
ちょっとしゃれた居酒屋さんに入る。
お勧めの日本酒を注文。
さすがに米どころ。美味しく飲みやすい日本酒でした。
調子に乗って、寿司を注文それを肴に3合飲んで、酔っ払いました。


Z002

Z002

色が悪いけど寿司。
しゃれてるんだけど、定員さんが若くってこなれてないのがなんとも。


Z003

Z003

ドーミーイン新潟本館&ANNEX 。
最上階に、露天、大浴場、打たせ湯などがあるいいお宿。
新潟でお風呂を楽しみたいならここは抜群です。